« パイロットから「カスタム一位」が発売に | トップページ | 柘製作所が「両ベロ / 独立開放井戸式」の新万年筆を開発中 »

masahiro万年筆製作所が、エボナイト万年筆の販売を再開

1886

 masahiro万年筆製作所さんは、パイロットのペン先を装着した手作りエボナイト万年筆を製作されています。ここ半年ばかりはたまった万年筆の修理依頼をこなすことに専念されており、エボナイト万年筆の販売は休止されていました。(※追記(11/09/28):ここ半年ばかりは、修理ではなく、自社製品の製造、各パーツの製造などを行っておられたそうです。謹んで訂正いたします。なお現在は、古い製品、新しい製品問わず、他店販売品の修理は実施されていません。詳細は下記のリンク先を参照願います。)

 →他店販売品修理業務終了について、再度のお知らせ 現在の状況 (masahiro万年筆製作所 公式ブログ)

 それが一段落付いたようで、エボナイト万年筆の販売が再開されました。下記の記事の他にも、公式ブログの他の記事では販売エボナイト万年筆の画像や情報がいろいろと見られます。

 →エボナイト万年筆在庫品販売についてのお知らせ (masahiro万年筆製作所 公式ブログ)

■エボナイト万年筆

 現在の所は、好みの万年筆をオーダーして製作するという方式ではなく、すでに製作の終わった軸材とペン先を組み合わせて販売するという方式です。すでに生産されていない稀少な軸材の在庫もわずかながらあり、エボナイト万年筆の購入を検討されている方にとっては狙い所と言えるのではないでしょうか。

 私は緑マーブルエボナイトを購入しようかかなり迷いました。特に国産材の一本は模様がかなり美しく、私の好みです。ただ今月はすでに2本の万年筆を購入してしまったので、いずれの機会にということにしました。なお、エボナイト万年筆の製作・販売としては、日興エボナイト製作所さんの笑暮屋もあります。

 →下町のエボ屋さん=笑暮屋= (公式サイト)


1840
(※上の写真は、セーラーの「プロギア マーブルエボナイト」です。)

 →セーラー 「プロフェッショナルギア マーブルエボナイト」 のレビュー

|

« パイロットから「カスタム一位」が発売に | トップページ | 柘製作所が「両ベロ / 独立開放井戸式」の新万年筆を開発中 »

万年筆関連・その他のニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイロットから「カスタム一位」が発売に | トップページ | 柘製作所が「両ベロ / 独立開放井戸式」の新万年筆を開発中 »