« 伊東屋の「ROMEO No.3 万年筆」が気になる | トップページ | ラミーのキャップレス「ダイアログ3」にブラックモデルが登場 »

首軸付近に大きな段差のある万年筆のランキング

 万年筆の中には、首軸近くに大きめの段差があるものがあります。段差があると、その部分を持って筆記できなかったり、指が痛くなったりするため、段差は嫌われる要因になります。もちろん、その部分を持ちさえしなければ問題がないため、「段差がある=ダメな万年筆」とは言い切れません。ただ、購入前に自分にとって段差が問題となるかどうかをチェックする必要があるのは確かです。というわけで、手持ちの万年筆の中で段差がある万年筆をランキング形式でリストにしてみました。

 なお、以下のリストにおける数字は(段差のサイズ 首軸からの距離)です。段差はノギスで計った直径の差ですので、段差の深さそのものは数字の半分となります。

プラチナ 「#3776本栖/センチュリー」 1mm 24mm →レビュー
最初は新型#3776です。段差的にはたいしたことはなく、この程度の段差なら良くあるレベルです。首軸も長く、筆記の邪魔にはなりません。ただ、最近話題になった注目の万年筆ということで、一番手として取り上げてみました。

1836


シェーファー「タルガ」 1.5mm 33mm →レビュー
タルガの段差は、ペン先からの距離が相当にあります。この段差が気になるという人は、相当に後ろの方を持つ人でしょう。

1925


デルタ「ジャコモ・プッチーニ」 2mm 24mm
2mmの段差ですが、段差部分に金属リングがはめ込まれていて、リングのおかげで指が痛くなることはありません。こうした処理が施されている万年筆は他にもありました。

1922


マーレン「ル・レーヴ」 2mm 21mm →レビュー
このル・レーヴは、段差はそれほど大きくないのですが、段差のある位置がペン先に近いのが少しやっかいです。もう少し首軸が長ければ使いやすかったのですが。

1921


デルタ「マリーナ・ピッコラ」 2mm 20mm →レビュー
これもル・レーヴと同じく、段差の大きさよりも、首軸の短さのために、私の持つ位置がちょうど段差にかかるのが問題となっています。この万年筆はコンパクトサイズの万年筆だけに、やむを得ないでしょうか。

1923


パイロット「バンブー」 3mm 27mm →レビュー
私が初めて段差を意識した万年筆です。これぐらい段差があると、段差部分を持って筆記するのは不可能です。人によって、段差の下を持つ人と段差の上を持つ人とで別れるようです。私は万年筆の前の方を持って筆記する傾向がありますので、段差の下を持って筆記します。

1920


中屋万年筆「十角軸 赤溜」 3mm 27mm →レビュー
中屋の漆塗り万年筆も、多くのモデルで段差があります。この段差ゆえに中屋万年筆が苦手と言う人もいます。私自身は、首軸が長めのため、段差を大きな問題とは感じていません。段差があることで、キャップを閉じたときに胴軸表面がまっすぐになるため、蒔絵を美しく見せられるというメリットがあります。ただ実用を考えれば、段差のないモデルもラインナップに加えて欲しいところです。

1924


プラチナ「90周年記念 25G カーボン軸」 5mm 23mm →レビュー
これは鋭角の段差ではないのですが、膨らみ具合が急なので、このリストに加えました。外見的にはこの膨らみはユニークで好きなのですが、持ち方はどうしても限定されてしまいます。

1864

■段差についての雑感

 この記事を書くにあたって、段差のある万年筆を手持ちから探しました。意外と事前の予想に比べて、段差のある万年筆は少なかったです。あるとしても、1mm未満の段差であったり、段差が鋭角にならないように工夫が施されていたりしたものが多かったです。やはり段差は筆記する上で邪魔になりやすいですから、万年筆メーカーもいろいろと工夫しているようです。

|

« 伊東屋の「ROMEO No.3 万年筆」が気になる | トップページ | ラミーのキャップレス「ダイアログ3」にブラックモデルが登場 »

万年筆 / 全般」カテゴリの記事

コメント

私が所持している中では、廉価品ですがロットリングのイニシャルが一番段差があると思います。
キャップを後ろにポストできないタイプなので重心は気にならないですが、首軸胴軸共に金属で滑り易く長い時間書いていると段差の存在を感じます。なかなか自分にぴったりのペンに巡り会えないものですね…。

投稿: lucky-curve | 2011年10月 2日 (日) 20時48分

表題を見て、プラチナ90とマーレンは段差が大きかったなー!なーんて思っていると、しっかり掲載されておられましたね。
やっぱり、そう思うのは私だけではなかったんだと安心?しております。

投稿: 二右衛門半 | 2011年10月 3日 (月) 08時37分

 >lucky-curve さん

 写真で見ると、確かにイニシャルは段差がありますね。段差があるタイプは、キャップをつけたときの美しさでは勝るのですが、実用となるとやはりないほうがいいですね。

投稿: EF Mania | 2011年10月 5日 (水) 06時45分

 >二右衛門半 さん

 その二つはやはり二右衛門半さんでも段差は気になりますか。段差でも位置によっては問題なくなるので、前を持つ人と後ろを持つ人とではたぶん持つ印象は異なってくるのでしょうね。

投稿: EF Mania | 2011年10月 5日 (水) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊東屋の「ROMEO No.3 万年筆」が気になる | トップページ | ラミーのキャップレス「ダイアログ3」にブラックモデルが登場 »