« 海外版の「カスタム74 透明」にパープル色が追加 | トップページ | 円高と海外万年筆価格について »

中屋から「シルバートリムの蒔絵コンバーター」が登場

 中屋万年筆から、シルバートリムの蒔絵コンバーター「雪花紋」が発売されました。金属パーツはロジウムメッキされ、バラジウム粉で雪の結晶が絵付けされています。

 →中屋万年筆のアクセサリー 雪花紋 (中屋万年筆 公式)

■プラチナコンバーター

 プラチナのコンバーターは金属部が金色のため、#3776本栖のようなシルバートリムのスケルトンには合いませんでした。この雪花紋を使用すれば、#3776本栖にもピッタリです。唯一の難点は、価格が3,150円と高価な点です。蒔絵が施されていますので仕方がないのですが、勢いだけで購入するのは難しそうです。(^^;

1961

 →プラチナ 「#3776 本栖」 のレビュー

|

« 海外版の「カスタム74 透明」にパープル色が追加 | トップページ | 円高と海外万年筆価格について »

万年筆関連・その他のニュース」カテゴリの記事

コメント

三宮センター街のナガサワで蒔絵コンバーター見ていましたが、購入には至らず。。
でも、良いですよねー!

投稿: 二右衛門半 | 2011年10月21日 (金) 07時20分

この柄ありコンバーター、以前から気になっています。

プラチナ軸は所有しているのですが、中屋は所有していません^^;

一時イタリア軸にハマり、かなり買い漁りました。

今は物欲がだいぶ治まって、中屋はトロフィーとして購入を我慢しています。

中屋購入時に一緒に購入すると思います。

投稿: だらだらと | 2011年10月21日 (金) 09時00分

 >二右衛門半 さん

 シルバートリムと雪の結晶とが良い雰囲気でマッチしていて、素晴らしいですね。気軽に手を出せない価格であるのが残念です。(^^;

投稿: EF Mania | 2011年10月22日 (土) 04時18分

 >だらだらと さん

 中屋は「いつかはクラウン(古い(^^;)」みたいに、ある意味万年筆の到達点みたいなところがありますよね。このコンバーターが似合うのは、本栖や中屋のスケルトンかもしれません。ただ見えないところのオシャレとして、あえて漆塗り万年筆で使うのも粋ですね。

投稿: EF Mania | 2011年10月22日 (土) 04時22分

蒔絵はいらないから、ロジウムメッキだけのが出るんなら、プレピーに挿してみようかと考えなくもないんですが。

投稿: ニジノスキー | 2011年10月22日 (土) 19時35分

 >ニジノスキー さん

 確かに、ロジウムメッキのみのバージョンなら、価格的に許容できるレベルになりそうですね。プラチナが標準品として出してくれれば良いのですが。ついでに容量アップ版も。(^^;

投稿: EF Mania | 2011年10月23日 (日) 02時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外版の「カスタム74 透明」にパープル色が追加 | トップページ | 円高と海外万年筆価格について »