« Firefoxをクリーン再インストールした | トップページ | ペリカン「M320 Pearl (パール)」の外観写真 »

アウロラのコンバーター破損を修復した

 以前にアウロラのコンバーターの口が割れたことを記事に書きました。コンバーターを買い換えようと思っていたのですが、割れた部分を見てみると、それなりに厚みがあるので修復できるのでは、と思い立ちました。というわけで、瞬間接着剤でくっつけてみたところ、うまく接着できて、再び使用できるようになりました。これで買い換えずに済んで、無駄な出費が避けられました。

 →コンバーターの口が割れてしまった

1987

■ハケ付き瞬間接着剤

1745

 使用したのは以前に記事に書いた、ハケ付きの瞬間接着剤です。前回使用したのが半年以上前です。構造的に空気に触れやすいため、「すでに中身が固まっているかも」と想像していましたが、問題なく使えました。ただ少し薬剤の弾力性が高まっていましたので、あと1年はもたない感じです。まあ100円ショップで購入したものですので、これだけ使えれば十分でしょう。

 →ボトル型のハケ付き瞬間接着剤を買ってみた


 割れた部分に接着剤を塗り、ペンチで30秒ほど挟んだところ、綺麗にくっつきました。割れた部分に多少の弾力性があったことが成功の一因だと思います。乾くのを待って使用したところ、問題なくインクを吸い上げました。これでしばらくは大丈夫でしょう。

|

« Firefoxをクリーン再インストールした | トップページ | ペリカン「M320 Pearl (パール)」の外観写真 »

調整・修理・改造・トラブル」カテゴリの記事

コメント

なるほど、この修理は良いですね。
ウォーターマンでもパックリと割れるのが普通ですから、応用が利きそうです。

投稿: 二右衛門半 | 2011年11月 8日 (火) 08時20分

 >二右衛門半 さん

 以前に割れたウォーターマンのコンバーターを、修理することなく捨ててしまったのが悔やまれます。ただウォーターマンのコンバーターは、アウロラと違ってたくさん所有しているために、すぐに困る事態にはなっていないのが救いです。

投稿: EF Mania | 2011年11月 8日 (火) 20時55分

素晴らしいです♪
こういう修理やメンテナンスも万年筆の醍醐味だと、私は思っております。
電化製品など…壊れたら修理するより買い替えたほうが安い時代…性能の良い100円ボールペンが24時間365日コンビニで買える時代だからこそ…
自分に合った道具だけを使うのではなく、道具に自分が合わせるという付き合い方が出来る万年筆に魅力を感じます。

投稿: lucky-curve | 2011年11月 8日 (火) 23時12分

 >lucky-curve さん

 そうですね。最近の電化製品はメーカーの修理でも交換が基本になってますので、寂しい限りです。昔はハンダ付けで修理する姿が見られたのですが。その点、万年筆は修理するにも調整するにも、アナログな部分が残っているのが魅力的ですね。

投稿: EF Mania | 2011年11月11日 (金) 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Firefoxをクリーン再インストールした | トップページ | ペリカン「M320 Pearl (パール)」の外観写真 »