« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の9件の記事

#3776センチュリーに、新色「ブルゴーニュ」が登場

 #3776センチュリーに、新色「ブルゴーニュ」が加わりました。ブルゴーニュワインを思わせる透明ワインカラーで、気品のある外観に仕上がっていて、いい感じです。価格もセンチュリーと同じ1万円で、コストパフォーマンスに優れます。

 →#3776 CENTURY ブルゴーニュ(新色) (プラチナ万年筆 公式)

■ブルゴーニュかヘリテイジ92か

 この万年筆はかなり物欲をそそられるのですが、私はすでに#3776本栖を持っていますし、壬辰 暗輝黒龍も購入したばかりですので、今のところは見送る予定です。パイロットの「ヘリテイジ92」透明カラーの購入を優先しようと思っています。ただ、店頭で見て衝動買いしてしまうかもしれませんが…(^^;

1832

 (※関連記事)
 →プラチナ 「#3776 本栖」 のレビュー
 →ヘリテイジ92の限定版、「透明バイオレット」が登場

| | コメント (14)

2012年のサファリ限定色「アップル グリーン」が登場

 今年もラミーサファリの限定色が発売されます。今年は「アップルグリーン(Apple Green)」で、4~5月頃に発売になるようです。2008年の限定色のライムグリーンは黄色っぽさがありましたが、今回のアップルグリーンはより濃いめの緑ですね。

2067

 →Rumours, Rumours Lamy 2012 Color - Apple Green (House of Pens)


 なお、こちらのブログでは「Bright Green」表記ですので、日本での正式名称がどうなるのかは、日本での発表を末必要があるでしょう。

 (※関連記事)
 →Lamy 「サファリ」 のレビュー

1723

| | コメント (2)

ヘリテイジ92の限定版、「透明バイオレット」が登場

 ヘリテイジ92に透明カラーが発売されるとの記事を以前に書きましたが、レギュラー版の「ブラック / ブルー / オレンジ」に追加で、透明バイオレットが400本限定で発売されます。秋田市山王にある文具店「とみや」のトミケイさんのブログで、きれいな写真が見られます。

 →パイロット ヘリテイジ92 透明カラー (秋田萬年筆倶楽部&とみや文房具店)

■バイオレット

5号ニブ

 私は紫好きですので、この限定バイオレットを購入しようと思っています。注意点としては、レギュラー色は「F・FM・M・B」の4種類ですが、限定バイオレットだけは「F・M」の2種類です。

 この点は少し悩んでいます。私は細字好きですので、基本的には細字を買うことが多いです。ただ、パイロットの5号ニブは細字をたくさん持っていますので、今回は中細字を買うのもいいのでは、とも考えています。中細字がラインナップされているモデルは少ないですので、今回は中細字を買うちょうどいい機会でもあります。もう少しの間、悩もうと考えています。

 (※関連記事)
 →パイロット 「カスタム ヘリテイジ91」 のレビュー

| | コメント (2)

プラチナ 「壬辰 暗輝黒龍」 万年筆を購入

 プラチナの「壬辰 暗輝黒龍」万年筆を購入しました。この万年筆は、漆黒の軸に漆を盛り上げて龍が描かれており、光を受けて龍が複雑に反射して浮かび上がり、とても美しい万年筆です。

2061

■偶然の邂逅

 この万年筆は、元々はすぐに購入するつもりはありませんでした。去年の年末にビスコンティの「ホモサピエンス By Mazzi」という高額万年筆を購入して財布が厳しかったため、「しばらく様子を見て、財布が豊かになった頃にもまだ売っていれば購入しよう」と考えていました。ただ、かなりの人気ですぐに予約が殺到しているという噂を聞いたこともあって、購入することはないだろうなと思っていました。

 →ビスコンティ 「ホモサピエンス BY MAZZI」 を購入


 そんな折ネットショップを巡っていると、この万年筆が売られているのに遭遇しました。しかもそれなりに割引されていました。この万年筆は国内150本限定ということもあって、大きく値下げして販売されることは稀少だと思っていました。しかし割引販売に加えて希望の細字だけ残っていました。これには運命の導きを感じ、すぐさま購入ボタンを押してしまいました。ちょうど巡り会えたのはラッキーでした。

2063

■漆への傾倒

 最近は立て続けに漆塗りの万年筆を購入しています。私の趣味もだいぶ変わってきました。価格的な問題から豪華な蒔絵万年筆の購入までは行かないと思いますが、これからも和風な万年筆の購入が続きそうな感じです。

 黒の桐箱に、ちりめん袋が付属しています。そして、篆刻(てんこく)文字で「壬辰」と書かれたコンバーターが付属しているのがいいですね。こうしたさりげない凝り方も満足度が高いです。

2060


 ペン先とクリップはルテニウムコーティングされており、渋いです。これは私が所有している中屋万年筆と同じです。なお、ペン先は「センチュリー / 本栖」と同じ、新型の#3776ニブでした。万年筆本体ですが、これは今までで一番撮影が難しい一本です。実物の見た目を写真で表現するのが難しいですので、確実を期すなら店頭で実物を見るのが一番だと思います。細かいレビューは、しばらく使用してから後の記事で書こうと思います。

2065

2064

2066

| | コメント (8)

回転吸入式のヘリテイジ92に、透明カラー軸が登場

 パイロットの回転吸入式「カスタム ヘリテイジ92」に、新色のカラースケルトンが登場します。「透明ブラック / 透明ブルー / 透明オレンジ」の3色です。2012年3月頃の発売予定だそうです。これはとても楽しみです。

 →カスタム ヘリテイジ92 万年筆 (ペンギャラリー報画堂)

■カラー軸

 前回、完全透明のヘリテイジ92が発売されたときは、私がすでに「カスタム74透明」を所有していたこともあって、購入を見送りました。しかし今回のカラー軸版は、派手好きの私の好みにピッタリです。私はパイロットの細字は大好きですし、購入予定です。

1534
 (※画像は「カスタム74 透明」です。)

 迷うのは透明オレンジか透明ブルーか、どちらを購入するかです。どちらも好きな色なので迷いますね。どちらかと言えば透明オレンジの方に惹かれています。ところで、外国ではカスタム74透明のカラー軸版が発売されていて、そちらは「スモーク / ブルー / オレンジ / バイオレット」というラインナップです。できればこちらもバイオレット(紫)版を発売して欲しかったですね。(^^;

| | コメント (8)

Internet Explorer 9 の表示が遅かった問題を解決

1770

 ここ半月ばかり、Internet Explorer 9 の表示がきわめて遅い問題が発生していました。事実上、まともな閲覧ができないぐらいに表示が遅かったのです。問題を解決するためにいろいろなことをしました。一度 IE8 に戻したり等の対策を行ってきましたが、解決せず。そうしたなか、先日ようやく問題が解決しました。原因は、キャッシュフォルダが存在しなかったことです。

■外付けHDD

 IE9のキャッシュフォルダは変更できますが、以前にWindows7を搭載したドライブの容量が厳しかったために、キャッシュフォルダを外付けHDDに移していました。その後、半月ほど前に外付けHDDを別PCで使う必要が出てきたために、そのHDDを外したのです。その結果、問題が発生したようです。キャッシュフォルダの指定先を存在するHDDのフォルダに指定したところ、表示が戻って一安心です。

 この一週間ばかり、この問題に悩殺されてしまっていました。IEでないと都合の悪いサイトも利用していましたので、IEが使えないのは大問題でした。しかし問題は解決しましたので、これでブログの更新ペースも少しは元に戻ると思います。お騒がせしました。

| | コメント (2)

アウロラとモンテグラッパが本国で値上げ

 一週間ほど前の話になりますが、イタリアの万年筆ショップ「Giardino Italiano」からのメルマガによれば、アウロラとモンテグラッパが本国で2月1日に値上げをしたそうです。本国での値上げが日本での価格に反映されるのかどうかは分かりませんが、残念なニュースです。

218

■モンテグラッパ

 今回の値上げの理由は何でしょうね。金価格の上昇や欧州の債務危機による不況が影響しているのでしょうか。日本では円高にもかかわらず、それが万年筆価格に反映されていない状況ですが、値上げとなるとあっさり反映されるのが定番ですので、戦々恐々です。

 アウロラは基本モデルをだいたい所有していますが、モンテグラッパはさっぱりです。これからの購入を検討中だっただけに、ちょっと出鼻をくじかれた格好です。

1934

| | コメント (4)

プロギア風の「DAKSハウスチェック万年筆」が魅力的

 セーラーがOEM製作しているDAKS万年筆の公式オンラインショップが開設されました。そのショップを見ると、21Kペン先がついたプロギア型の「DAKSハウスチェック万年筆」が販売されているのを発見しました。なかなか魅力的な万年筆で、欲しくなっています。

2058

 →DAKSハウスチェック万年筆 (DAKS公式オンラインショップ)

■布巻万年筆

 私は今まで、ハウスチェック柄のDAKS万年筆は、私が持っている1万円台の細身のものしかないと思っていました。このプロギア型のDAKS万年筆は押し出しもあって、とても良い雰囲気です。この万年筆は、NAGASAWAオリジナルの「Savile Row(サビル・ロー)」のような感じですね。布巻きだけに扱いには注意が必要ですが、雰囲気があってとても良い雰囲気を持っていると思います。

 →NAGASAWAオリジナル 「Savile Row(サビル・ロー)」 が発売に


 私が持っているDAKS万年筆は、時にはインクで汚してしまったりと扱いの難しさに悩んだりもしましたが、それでもこのハウスチェック柄は私の好みです。残念なのは中字しかないことですが、それでも購入候補の一本になっています。おそらく他の21K万年筆と首軸から先は互換性があると推測されますので、いざとなれば自分で細字と交換して使うことも可能でしょう。できれば他の安売り可のネットショップで購入できれば言うことはないのですが…(^^;

124

 (※関連記事)
 →DAKS 「ハウスチェック クロス」
 →布張り万年筆が、不注意によりインクで染まってしまった

| | コメント (4)

セーラーから 「レクル」 と 「桜島」 が発売に

 以前の記事で少し触れた「レクル」の情報が出てきました。透明キャップがカラフルな、3,150円のカジュアル万年筆です。ペン先はステンレスで中細字です。ペン先の感じをみると、復刻された「クリアーキャンディ」のペン先と似た感じです。クリップやリング、胴軸の材質はクリアーキャンディより上質です。クリアーキャンディとプロギアスリムの中間に位置するモデルと考えれば良いでしょうか。

 →万年筆を使い始めたい人に、カジュアル万年筆「レクル」 (誠 Style)

1823
(※上の万年筆は「クリアーキャンディ」です。)

■鹿児島 桜島

 セーラーからは、鹿児島の山形屋オリジナルの「桜島」も限定発売されます。優美蒔絵でキャップに桜、胴軸に桜島が描かれた派手な一本です。以前にも屋島が描かれたモデルがありましたが、その系統ですね。珍しい万年筆の割に¥21,000 とお手頃価格なのは嬉しいところです。

 →山形屋(鹿児島) オリジナル万年筆『桜島』 (セーラー万年筆 公式)


 胴軸に絵が描かれた万年筆としては、私はビスコンティのオペラとホモサピエンスを持っています。本格的な蒔絵万年筆は高額で手が出ませんが、こうした万年筆なら私でも何とか手が出る価格です。ただ胴軸に絵が描かれた万年筆は数が少なく、一般受けはしないようですね。(^^;

 →ビスコンティ 「ホモサピエンス BY MAZZI」 を購入
 →ビスコンティ 「マッツィー ラン イン スペース」 を入手

2048

| | コメント (3)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »