« キャップレス・デシモに、新色と極細字(EF)が登場 | トップページ | プロギア風の「DAKSハウスチェック万年筆」が魅力的 »

セーラーから 「レクル」 と 「桜島」 が発売に

 以前の記事で少し触れた「レクル」の情報が出てきました。透明キャップがカラフルな、3,150円のカジュアル万年筆です。ペン先はステンレスで中細字です。ペン先の感じをみると、復刻された「クリアーキャンディ」のペン先と似た感じです。クリップやリング、胴軸の材質はクリアーキャンディより上質です。クリアーキャンディとプロギアスリムの中間に位置するモデルと考えれば良いでしょうか。

 →万年筆を使い始めたい人に、カジュアル万年筆「レクル」 (誠 Style)

1823
(※上の万年筆は「クリアーキャンディ」です。)

■鹿児島 桜島

 セーラーからは、鹿児島の山形屋オリジナルの「桜島」も限定発売されます。優美蒔絵でキャップに桜、胴軸に桜島が描かれた派手な一本です。以前にも屋島が描かれたモデルがありましたが、その系統ですね。珍しい万年筆の割に¥21,000 とお手頃価格なのは嬉しいところです。

 →山形屋(鹿児島) オリジナル万年筆『桜島』 (セーラー万年筆 公式)


 胴軸に絵が描かれた万年筆としては、私はビスコンティのオペラとホモサピエンスを持っています。本格的な蒔絵万年筆は高額で手が出ませんが、こうした万年筆なら私でも何とか手が出る価格です。ただ胴軸に絵が描かれた万年筆は数が少なく、一般受けはしないようですね。(^^;

 →ビスコンティ 「ホモサピエンス BY MAZZI」 を購入
 →ビスコンティ 「マッツィー ラン イン スペース」 を入手

2048

|

« キャップレス・デシモに、新色と極細字(EF)が登場 | トップページ | プロギア風の「DAKSハウスチェック万年筆」が魅力的 »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

 レクルは新型の金ペン万年筆かと期待していたので、ちょっとがっかりでした。キャンディと同じF-2ニブだとすると三千円ではお買い得感は薄いですね。キャンディは千円だったからこそお買い得だったわけで。入門者の方がキャンディと重ね買いしたらお気の毒ですし、このニブでセーラー製品の実力を判断されては非常に残念です。金ペンは言うに及ばず、鉄ペンでもホスカルのF-55ニブなどはすごく秀逸なので。できればセーラーさんには字幅が選べる一万円二万円クラスの商品に力を入れて欲しいな、と思っています。

 話は変わりますが、パイロットからは吸入式のカスタムヘリテイジ92の新色ブラック・ブルー・オレンジが発売されるようですね。イタリアンテイストなスケルトンオレンジには惹かれます。デシモのEFも欲しいし、パイロットの万年筆はまた増えそうです。

投稿: Mimik-qed | 2012年2月 5日 (日) 18時37分

 >Mimik-qed さん

 カジュアル万年筆が増えるのは、万年筆層の拡大に寄与しますが、私のようなマニア的には物足りない感じです。(^^; 形的にはプロギアスリムに似ています。プロギアスリムと首軸部分を交換できればいろいろと楽しめそうなのですが、どうでしょうね。ただ、価格的に手頃ですので、購入はしようかなと思いつつあります。

投稿: EF Mania | 2012年2月12日 (日) 17時02分

先日、購入しました。

素敵な軸です。白がベースの蒔絵万年筆はあまりないなかで、日本を代表する桜が、さりげなく描かれているのがポイントですね。

また桜島の色がターコイズ系の色で自分の好みにハマったことも良かったです。

投稿: たっくん | 2012年2月17日 (金) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャップレス・デシモに、新色と極細字(EF)が登場 | トップページ | プロギア風の「DAKSハウスチェック万年筆」が魅力的 »