« ペン先をオーダーメイドできる、モンブランの「ビスポーク ニブ」 | トップページ | 最近は紅茶も飲むように »

「寄木万年筆」がリニューアルして再発売

 去年の秋に伊勢丹新宿店で限定販売された「寄木万年筆」が、リニューアルされて一般販売されます。6月下旬に発売予定で、初回出荷本数は100本だそうです。私は以前から欲しいと思っていましたが、今回は一般販売ということで、購入予定です。

 今回もサイズやペン先の仕様から見て、プロフィットスタンダード系の万年筆のようです。

 →セーラー 寄木万年筆 箱根寄木細工 (銀座嶋屋)

■寄木細工

 前回のモデルはシルバートリムでしたが、今回はゴールドトリムのようですね。価格がちょっと値上げになったのは残念ですが、「寄木製カートリッジインクケース」は面白そうです。

 →伊勢丹新宿店オリジナル万年筆「寄木細工万年筆」 (セーラー万年筆 公式)

1878


 この寄木万年筆は独特で面白い万年筆ですが、実物を見た人の評価はかなり分かれるようです。オモチャっぽいという感想を耳にします。ですので、そうした点が気になる方は実物を見てから購入された方が無難かもしれません。

|

« ペン先をオーダーメイドできる、モンブランの「ビスポーク ニブ」 | トップページ | 最近は紅茶も飲むように »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

寄せ木細工は、細工物としては技術が確立されている分野ですので、購入して損はないはずなんですがねぇー。
一見すると安っぽく見えるけれど、意外と手が掛かる物だとか。
嶋屋さんは以前はヤフーでブログ運営されていましたが、移転されてからはほとんどチェックしておりません。

投稿: 二右衛門半 | 2012年4月18日 (水) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペン先をオーダーメイドできる、モンブランの「ビスポーク ニブ」 | トップページ | 最近は紅茶も飲むように »