« ウォーターマン 「フィリアス」 のレビュー | トップページ | マーブルエボナイトの原材料供給先は? »

プラチナから「#3776 西」が発売に

 プラチナから富士五湖シリーズの第3弾として、「西(SAI)」が7月1日から発売になります。西湖をモチーフにした万年筆で、本栖、精進と同じくスリップシール機構を備えています。

 →#3776「西」 7月1日発売 (プラチナ万年筆 公式)

■#3776センチュリー

 #3776西は、本栖と同じく胴軸は完全透明で、違いは装飾リングの有無です。西の方が装飾リングがない分、胴軸の透明感をたっぷり味わえる使用になっています。デモンストレーター好きの方の好みに合った仕様と言えるでしょう。ただ定価が本栖よりも3,000円高くなっているのは残念です。金価格が上昇していることに加え、無色透明の胴軸は歩留まりが悪そうですので、その分コストがかかったのかもしれません。

1832
(※上の画像は「#3776本栖」です。)

 →プラチナ 「#3776 本栖」 のレビュー


 これで富士五湖シリーズも3本目となりました。あとは河口湖と山中湖ということになります。次の2本がどういう仕様で発売されるのかが楽しみです。なお私自身はすでに本栖を所有していますので、あくまで狙いは「マーブルエボナイト ジュピター」「ブライヤーシェル」の方ですね。

 →プラチナ「ブライヤーシェル」と「マーブルエボナイト」が発売に

|

« ウォーターマン 「フィリアス」 のレビュー | トップページ | マーブルエボナイトの原材料供給先は? »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォーターマン 「フィリアス」 のレビュー | トップページ | マーブルエボナイトの原材料供給先は? »