« プラチナの#3776は、新型ニブに全面移行か | トップページ | インクがピストンの後ろに回りやすいコンバーターは苦手 »

カクテルシリーズの第3弾「プロギア ブラックベルベット」が登場

2191

 セーラー万年筆のWebサイトで、銀座・伊藤屋で行われるフェア開催の告知がなされています。そこで「カクテルシリーズ」の第3弾として、「プロフェッショナルギア ブラックベルベット」の発売情報が載せられています。ラメ入りの万年筆で、なかなか渋いですね。

 →銀座 伊東屋本店 K. ITOYAにてセーラー万年筆フェア開催のお知らせ (セーラー万年筆公式)

■ラメ入り胴軸

 カクテルシリーズは、第1弾が「エイジアンウェイ」第2弾が「モヒート万年筆」です。このカクテルシリーズは東京地区限定という枠でのシリーズのようですね。前回のモヒート万年筆は、東京地区以外では公式オンラインショップのセーラーショップで購入できましたので、今回もそうした形になるかもしれません。

 私は上記の記事のその3に書かれている寄木万年筆を所有していて、よく使っています。軽い万年筆ですので手軽に使えます。ただ少し軽すぎるというきらいもあり、長時間筆記となるとかえって疲れる意味もあります。最適な万年筆の重さはどれぐらいなのかは難しいですね。

 →セーラー 「寄木万年筆」 を購入した

2094

|

« プラチナの#3776は、新型ニブに全面移行か | トップページ | インクがピストンの後ろに回りやすいコンバーターは苦手 »

万年筆 / 新製品のニュース・雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラチナの#3776は、新型ニブに全面移行か | トップページ | インクがピストンの後ろに回りやすいコンバーターは苦手 »