« プラチナ「#3776 ブライヤーシェル」を購入した | トップページ | ペリカン 「M625 レッド 14C」 が気になる »

シェーファー 「レガシーヘリテージ」 のレビュー

 シェーファーの「レガシーヘリテージ キングスゴールド」XFです。このキングスゴールド柄はすでに廃番になっていますが、今も他の柄や素材のモデルは現役です。この万年筆はかなり昔に購入したもので、持ち歩き用として使用していたこともあって胴軸が少し傷ついています。

2225

■インレイニブ

 レガシーヘリテージは、シェーファーの伝統であるインレイニブを装着した独特の万年筆です。ニブははめ込み式で、日本語で書くと象嵌とも書くようですね。ペン先もシェーファーらしく、やや反り上がったウェーバリー系で、スムーズな筆記感覚があります。

2226


 このインレイニブの制作過程は、以下の写真で見られます。打ち抜く前はまるでイルカのような形状で、なかなか面白いですね。

 →SHEAFFER TARGA INLAID NIB PROCESS FRAME  (sheaffertarga.com)

 ところで、日本語ではインレイニブと表記されることが多いようですが、海外だと inlaid nib と表記されますので、インレイドニブと書いた方が自然なような気もしますが、どうなんでしょうか。まあ、カタカナで書いた時点で日本語なので、気にした方が負けなのかもしれません。(^^;

■胴軸デザイン

 レガシーヘリテージは葉巻型の太軸が特徴の万年筆です。同じインレイニブのタルガが細軸でしたので、上手く棲み分けできていました。残念ながらタルガが廃番になってしまいましたので、今は細軸はVLRとの比較となるでしょうか。標準的な万年筆よりもかなり太軸ですので、太軸好きで押し出しの強い万年筆が欲しいという方に合った万年筆だと思います。

 →Sheaffer 「VLR」 のレビュー
 →シェーファー 「タルガ 1180 イエロースワール」 を入手

2228


 なお、レガシーヘリテージは歴史があるモデルのため、いろいろなデザインの万年筆が発売されています。「レガシー → レガシー2 →レガシーヘリテージ」という流れです。以下のサイトで全モデルの外観が見られます。

 →SHEAFFER LEGACY REFERENCE LIST (sheaffertarga.com)

■総評

 金属の太軸ですので、35gとそこそこ重めの万年筆です。自重を利用した筆記の仕方が向いています。そうしたタイプの万年筆が欲しい方に向いた万年筆です。

 シェーファーの代表的なモデルの割には、定価が3万円程度と比較的安価で購入できますので、シェーファー独特のインレイニブや反り上がったペン先を試してみたいという方には良い選択肢と言えるでしょう。

2227

※スペック一覧

・重さ 全体:35g キャップ:12g キャップなし:23g
・長さ 全長:13.9cm キャップなし:12.1cm 後尾にキャップ:14.8cm
・太さ 首軸:12mm 胴軸最大径:13.5mm キャップ最大径:14mm

|

« プラチナ「#3776 ブライヤーシェル」を購入した | トップページ | ペリカン 「M625 レッド 14C」 が気になる »

万年筆 / 感想・レビュー (外国産)」カテゴリの記事

コメント

先日は早速のレスキューコメント ありがとうございました。
本日反映させてみました。格闘しつつ、易きに流れてしまいました~。

>レガシー ヘリテイジ
良いですね~。先日,コレのパラジウムを購入寸前までいきましたが、踏みとどまって軍資金をカメラに投下してしまいました~。
私的に最期には コレ か シルバーン か エドソン を持って逝きたいと思っています。
では また~。

投稿: Hagy | 2013年7月14日 (日) 09時07分

追記

>インレイニブ
ここではインレイドニブ と言い切ってゆくのが良いのではないでしょうか。
ではでは。

投稿: Hagy | 2013年7月14日 (日) 09時11分

 >Hagy さん

エドソンはいいですよね。
私もずっと欲しいと思っているのですが、いかんせん価格が高くて、なかなか手が出ません。
パイロットのシルバーンぐらいの価格まで下がってくれれば手に入れやすいのですが。

インレイニブのような、英語のような英語でない単語の場合は、ちょっともにょりますよね。
セーラーの king of pen も、複数形じゃないためにかなり微妙な感じです。(^^;

投稿: EF Mania | 2013年7月23日 (火) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラチナ「#3776 ブライヤーシェル」を購入した | トップページ | ペリカン 「M625 レッド 14C」 が気になる »