« 「ペリカン DUO シャイニーグリーン」が発売に | トップページ | モンテグラッパ 「ミクラ」 のレビュー »

クロスの万年筆のこれからは?

 米国の万年筆メーカーであるクロス(A.T.Cross)について、気になる情報がありました。ブログ「Penペン草子 万年筆初心者の断想」によりますと、クロスの筆記具部門が投資会社に売却されたそうです。これからクロスの万年筆がどうなるのか心配です。

 →AT Cross、筆記具、アクセサリー部門を売却 (Penペン草子 万年筆初心者の断想)

540

■A.T.Cross

 調べてみたところ、私が最後に購入したクロスの万年筆は、2006年に購入したヴァーブです。最近はクロスの万年筆にすっかりご無沙汰でした。最近のクロスの新モデルには、ペン先に XF がない場合が多かったのがその一因です。ただ最近は疎遠だったとは言え、ブランド全体がなくなるとなると非常に寂しいものです。

 まだどうなるかわかりませんが、なんとか存続して欲しいところです。あるいは別会社に売却されて、そこで以前より活発に新商品が発売される、というパターンでもいいですね。これからどうなることでしょうか。

 (※関連記事)
 →Cross 「ヴァーブ」 のレビュー
 →Cross 「タウンゼント シルバー」 のレビュー

|

« 「ペリカン DUO シャイニーグリーン」が発売に | トップページ | モンテグラッパ 「ミクラ」 のレビュー »

万年筆関連・その他のニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ペリカン DUO シャイニーグリーン」が発売に | トップページ | モンテグラッパ 「ミクラ」 のレビュー »