« ミニ万年筆で使える Templar の小型コンバーター | トップページ | 電子書籍でも積ん読が増加中 »

ウォーターマン 「カレン」 のレビュー

 ウォーターマンの 「カレン ガーネットレッド」 Fです。このカレンは、ウォーターマンの中で最も有名で、ブランドを特徴付けるモデルと言えるのではないでしょうか。

2239

■独特なペン先

 カレンは独特なペン先デザインを持つ万年筆です。カレントはフランス語で船という意味ですが、ペン先がまるで船の舳先を思わせるような形状となっていて、とても洗練されたオシャレな万年筆だと思います。このニブデザインだけでも、所有満足度が十分に満たされます。

2238


 ユニークな形状のペン先ですが、書き味もまたかなり独特です。ペン先は厚く、胴軸とガッチリ一体化しており、しなりや弾力性は皆無です。胴軸が重めの金属製ということもあって、このカレンの書き味を「鉄の棒で書いているよう」と表現する向きもあります。

 現代ではペン先がガチニブなのが当然となり、弾力性がある方が特殊ニブ扱いされる時勢ですが、そういう時代であっても、カレンの硬さは際立っています。ガチニブでも金ニブであれば、筆記時の衝撃や振動を吸収してくれる柔らかさは幾分か感じられるものですが、カレンはそれらとは無縁です。


 そういう独特な筆記感ゆえに、好き嫌いが分かれる万年筆だと思います。私自身は、ちょっと苦手です。基本的には私はガチニブ好きなのですが、このカレンは少し行き過ぎているという印象です。その一方で、こうした硬い書き味が好きだという意見も耳にします。購入する際は店頭で試筆して、自分に合っているかどうかを調べられた方が確実でしょう。

2240

■コンバーター関連

 カレンは両用式の万年筆ですが、コンバーターを使用する際には注意が必要です。他の万年筆のように、コンバーターを万年筆本体に取り付けてインクを吸入すると、インク漏れしやすくなるのです。ですので、コンバーターを外してインク吸入するよう指導する販売店もあります。こうしなければならない詳しい理由はわかりませんが、カレンは空気穴が胴軸の中央部にある独特の構造になっているのが影響しているのかもしれません。

 →ウォーターマン カレン 万年筆 (オフィスワン北浜店)

2241


 ただ、インク吸入する度に繰り返しコンバーターを外して吸入する行為にはデメリットもあります。コンバーターの入りが緩くなったり、最悪の場合は吸入口にヒビが入り、盛大にインク漏れを起こすという恐れがあります。実際、吸入口が割れてインク漏れが起こり、原因がわからず悩んだ経験があります。

 → コンバーターの口が割れてしまった

 ですので、このカレンはカートリッジで使用するのが一番無難かもしれません。あるいは、普通に吸入した後にピストン逆回しでインクを多めに戻し、ペン先もしっかり拭いて漏れを防ぐというのも一つの手でしょうか。いずれにせよ、インク吸入がらみでは注意が必要な万年筆と言えるでしょう。

2242

■「鉄ペン / 金属軸 / 嵌合式」

 メトロポリタンのレビューで、ウォーターマンは「鉄ペン / 金属軸 / 嵌合式」の三拍子が揃った万年筆が多いと書きました。カレンも金属軸で嵌合式ですが、珍しく18Kの金ペンで、豪華な万年筆です。32gと細軸の割に重めで、自重を使ってさらさらと書くのに向いています。

 独特なペン先デザインと書き味で、他とは一風変わったユニークな万年筆です。洗練された美しいデザインの万年筆が欲しいという方、硬い書き味の万年筆が欲しいという方には、このカレンは良い購入候補になると思います。

2243

※スペック一覧

・重さ 全体:32g キャップ:11g キャップなし:21g
・長さ 全長:14.5cm キャップなし:13cm 後尾にキャップ:15m
・太さ 首軸:11mm 胴軸最大径:12mm キャップ最大径:13mm

|

« ミニ万年筆で使える Templar の小型コンバーター | トップページ | 電子書籍でも積ん読が増加中 »

万年筆 / 感想・レビュー (外国産)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミニ万年筆で使える Templar の小型コンバーター | トップページ | 電子書籍でも積ん読が増加中 »