« プロフェッショナルギアΣ(シグマ)が公式発表 | トップページ | Visconti 「ダイアモンド・ジュビリー」のレビュー »

セーラー21Kペン先が好きになってきた

 最近はセーラーの21Kペン先がお気に入りです。私はいろいろな万年筆を使ってきましたが、長らくセーラーの21Kペン先を使いこなすことができず、苦手でした。ニブが大きくて穂先が長いため、上手くコントロールできなかったのです。しかし徐々に使いこなせるようになり、最近では非常に好きになってきました。自分でも驚きです。

2267

■21K大型ニブ

 私の万年筆の主力履歴は、「ヤングプロフィット → カスタム74 → カスタム743(※18Kペン先に換装)」というものです。ずっとパイロット系を主力としてきましたが、最近はセーラー21Kも同じぐらいの頻度で使うようになっています。

 私の書き味の趣味・好みはかなり変動しますので、今後もこの傾向が続くのかはわかりませんが、今まで苦手だったニブを使いこなせるようになり、万年筆購入の裾野が広がって嬉しい限りです。


 ちなみに余談ですが、上に書いた「カスタム743(※18Kペン先に換装)」というのは、カスタム743の軸にカスタム748の「18Kバイカラー、15号ペン先」を首軸ごと付け替えたものです。金品位が違うだけだと思うのですが、筆記感やインクフローの感触が好みで、軽い軸のカスタム743に装着して使用しています。

2266

|

« プロフェッショナルギアΣ(シグマ)が公式発表 | トップページ | Visconti 「ダイアモンド・ジュビリー」のレビュー »

万年筆 / つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロフェッショナルギアΣ(シグマ)が公式発表 | トップページ | Visconti 「ダイアモンド・ジュビリー」のレビュー »