« 2015年12月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の1件の記事

TS-XW Racer Sparco P310 Competition Mod を購入

 レースゲーム用のハンコン「Thrustmaster TS-XW Racer Sparco P310 Competition Mod」を新しく購入しました。Xbox OneとPCの両方で使えるハンコンです。
 Thrustmasterの中では最上位機種のハンコンで、PS4用の「T-GT」やPC専用の「TS-PC Racer」と同じ系列の製品となります。そこそこの価格がするので思い切った購入となりましたが、なかなかいい感じのFFBでいい買い物でした。

2258

■TXからの買い替え

 私はレースゲームを趣味としていて、Xbox OneのForza Motorsport 7をメインに遊んでいます。今までは同じThrustmasterの「TX Racing Wheel Ferrari 458 Italia Edition」を使用していました。しかし去年あたりから、長く使用しているとハンドルが左に取られるようになる不具合が生じていました。ホーム画面に戻ると一時的に直っていたものの、最近はFFBが弱くなるという症状も見られるようになっていました。いろいろ調べてみたところ、どうも熱で基板がやられている可能性があるようです。そういうわけでハンコンを新調することにしたわけです。

 ただどのハンコンを購入するかとなると、選択肢の少なさに困りました。故障した同じTXや、TXよりも性能の劣る低価格品を購入するのは気が進みません。そうすると、FANATECのハンコンかTS-XWぐらいしかありません。しかし、FANATECは昔使っていた頃、初期不良交換でトラブった経験があるので、今回はパスしました。
 残るTS-XWにも問題があって、日本ではまだ発売されておらず、さらには日本で発売されるかどうかも分からないという状態です。なにせ日本ではXbox Oneのユーザーは少数派ですから、日本で発売されない可能性すらあります。そういうわけでかなり悩んだのですが、思い切ってTS-XWを外国から個人輸入することにしました。

■個人輸入

2327

 海外からハンコンを輸入する場合は、電圧に気をつける必要があります。ヨーロッパは220Vですので、日本では使えません。アメリカなら110Vですので、100Vの日本でもだいたい問題なく使えます。実際、アメリカから輸入した製品には「100V-125V Version」との表記があります。発売直後の製品ですので在庫のあるショップは少なく、いろいろ探した結果、Rimotech.comから購入することにしました。海外からの個人輸入は万年筆の購入で慣れていますので、問題なく購入できました。

 届いたTS-XWはとてもいい感じです。TXに比べるとFFBも強力ですし、振動などの解像度も上がった感じです。Forza7はForza6に比べて挙動が縦強横弱の傾向があって、リアが流れやすくてカウンターを当てる機会が多いのですが、FFBが強くて情報量が多いですので、的確にカウンターを当てられるようになりました。
 また特に気に入っているのは、何時間も連続使用しても冷却ファンは静かなままで、熱からの保護のためにFFBが弱められるということがないことです。TXでは電源が本体に内蔵されていましたが、TS-XWでは電源が外部化されていますので、熱がこもりにくいのでしょう。TXの頃は冷却ファンがすぐに爆音を立て始めましたが、TS-XWでは微音レベルです。

Thrustmaster TS-TW

 少し気になるのは、ボタンの配置です。一番よく使うAボタンが右下の離れた位置にあるので、目で確認してから押す必要があるのです。ボタン配置という点では、中央部にボタンが集まっていたTXの方が使いやすかったですね。もっとも、TXでは誤って押すことがありましたので、一長一短ですが…


2331

 ペダルは3ペダルのT3PAで、TXの2ペダルより進化しています。今まで私はシフトチェンジ時にクラッチを使っていませんでしたが、クラッチ使用にもチャレンジしようかなと思っています。(※ただクラッチを使うとガチャガチャうるさいのが難点ですが。(^^;)

 また、T3PAにはブレーキMODがついていますので、確実なブレーキングの助けになります。ただ、いままでブレーキMODなしのブレーキに慣れていた自分からすれば、奥まで踏み込めないというデメリットが少し気になります。ブレーキMODをつけたままにするか外すかは、しばらく使ってから決めようと思っています。

■リスク

2329

 今回のTS-XWの購入は満足いく買い物でした。ただ他の人に購入を推奨できるかどうかとなると微妙です。現時点では日本で発売されていませんので、海外からの輸送費や消費税が別途かかります。また初期不良品や故障品だった場合、日本の代理店に頼ることができません。そうしたリスクを考えると、日本で発売されてから購入するか、あるいはFANATECのハンコンを購入した方が一般には無難かと思います。私のようにFANATECとの相性が良くなく、リスクを承知の上での購入なら、TS-XWはお勧めできるハンコンだと思います。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2018年1月 »